ペイオフについて

ローンや借入金とペイオフ

さて、金融機関が破たんした場合、その金融機関で住宅ローンや融資を受けている預金者はどうなるのでしょうか。

結論から言うと、たとえ金融機関が破たんしても、そのローンや借入金はチャラになりません。では多少減額されるのかと言っても、そうではありません。破たんした金融機関の事業を継承する受け皿となる、新たな金融機関へ引き続き返済していくこととなります。返済の金利や条件は、新たな金融機関が決めることになります。

ただし、破たんした金融機関でローンを組み、かつ預金を持っている場合、これらを相殺することができます。ローン残高が3000万円で、預金残高が1500万円あれば、この残高1500万円のすべてローンの返済に充てることとなります。さに、ローンの相殺を行ったうえ、まだ預金残高が残っているようであれば、これもペイオフの対象となり、1000万円とその利息まで保護されます。

この借入と預金の相殺は、自動で行われるわけではなく、手続が必要となってきます。1000万円以上の預金とローンがあれば、やっておくに越したことはありません。しかし、毎月コツコツ返し、イザというときのために現金も預金していたはずなので、返済の計画が狂うのは間違いありません。やはり、信頼できる銀行でローンを組むことが一番大切です。